各地域の味噌

各地域の味噌

米味噌と一口に言っても、全国各地で独特の味わいが育てられてきました。それぞれに応じて色も違っています。
仙台味噌(宮城県)辛口の赤。なめみそとも呼ばれ、伊達藩の時代から伝統ある製法を受け継がれています。
信州味噌(長野)辛口の味噌で淡色。
加賀味噌(石川県)辛口の赤。加賀藩の時代から受け継がれています。
秋田味噌(秋田県)辛口の赤。米どころ秋田の米の味わいが豊かです。
津軽味噌(青森県)・会津味噌(福島県)辛口の赤。長期間熟成させてます。
讃岐味噌(香川県)甘口の白。
越後味噌・佐渡味噌(新潟県)辛口の赤。越後麹味噌とも呼ばれます。
江戸味噌(東京)甘口の赤渇色。
関西白味噌(関西)甘口の白。短時間で熟成させてます。西京味噌で知られています。
御膳味噌(徳島県)甘口の赤。米の割合が多く味わいが豊かです。

豆味噌は東海地方ならではのものです。
東海豆味噌(愛知・三重・岐阜)八丁味噌、三州味噌、三河赤みそなどで知られています。
ねさし味噌(徳島県)地域に根ざした伝統があります。

麦味噌は田舎味噌とも呼ばれています。
瀬戸内麦味噌(愛媛・山口・広島)口当たりの軽やかな甘口です。麦特有の香りがします。
長崎味噌(長崎・大分)甘口の淡褐色。
薩摩味噌(鹿児島)甘口の淡色。