味噌の歴史

味噌の歴史

味噌は穀物などを発酵させて作る日本にしかない発酵食品です。
日本人なら知らない人はいませんが、その歴史はあまり知られていません。

遡る事飛鳥時代、古代中国から伝来した大豆から作られた「醤」にあります。
熟成中の「醤」の味がとても良かったことから、味噌が誕生したのです。
その名も醤になっていないものと言う意味で「未醤」となりました。
それが味噌になったものとされています。

味噌は、最初は寺院や貴族階級に珍重される贅沢な食品で薬としても利用されていました。
鎌倉時代には、確立された「一汁一菜」なる武士の食習慣から、味噌汁が誕生しました。
室町時代には、一般庶民での自家醸造も始まりました。
江戸時代には、工業製品として生産が始まりました。
こうして全国各地で、原料事情、気候風土、食習慣や嗜好に応じた特色を持った味噌が造られるようになったのです。

代々続いた質素な食生活において、必要な栄養をバランス良く取ることが出来たのは味噌あってこそなのです。
今では、日本人の食事に味噌は欠かせません。
必須アミノ酸とビタミンがたっぷりのみそ汁は「畑の肉」とも「栄養の宝石箱」とも言われてます。
現代に至るまでそしてこれからも、日本人の健康を支えていくことでしょう。