味噌の特徴

味噌の特徴

味噌は調味料でも栄養食品でもない中途半端なところが、その特徴になっています。
その名称の由来となった「未醤」からも分かりますが、未完成製品なのです。
大豆発酵食品として、おかずにも出来ますが、調味料にも出来るはっきりしないものです。
味噌には、この状態ならではのメリットがあるのです。

その形状からくる優位性
味噌は、固体でもなく液体でもないペースト状になっています。
この形状だからこそ、他の調味料や食品素材とのマッチングを助けています。
醤油、牛乳などの液体、油とも混じり合えます。
それは料理のあらゆる場面に登場しうる存在になれているのです。
固体のように固くもなく、液体のようにこぼれたりもしませんから、扱いやすさも抜群です。

低い分解度からくる健康効果
味噌は、健康に良いとされています。
その根拠にあるのが、ペプチド成分の多さです。
ペプチドは、高血圧を降下させる働きや抗ガン作用やコレステロールの制御作用が認められています。
たんぱく質がアミノ酸に分解されるまでの過程で生産される中間成分になります。
中間成分ですから、発酵の完了した醤油にはあまり含まれていません。
もちろん、煮豆などにも含まれていません。
中途半端な中間製品の味噌だからこそ豊富に含まれている成分なのです。