味噌の選び方と保存の仕方

味噌の選び方と保存の仕方

味噌を購入するときは、まずラベルをチェックしましょう。
商品には、農林水産省で定められたみそ品質表示基準により商品の品質等がラベルで表示されているはずです。
品名から原材料名、内容量、賞味期限、保存方法、製造者を表示しているのです。
品名とは、米味噌、麦味噌等の種別です。天然醸造とあれば、発酵、熟成が人工ではなく自然にされたものとなります。
原材料名は、米味噌であれば大豆、米、食塩のみのものが良いです。
ここに酒粕とあれば、保存料としてエチルアルコールが使われています。
ビタミンB1とあれば、それは着色料として使われているかもしれません。
無添加みそなどもあります)

もちろん、品物自体も必ずチェックしましょう。
色、つやの良いもの、見た目にむらがあったり黒ずんでいたりしていないものを選びます。
味噌は発酵中の生きてる商品ですから、毎日変化しているのです。

一度開封してしまった味噌は、風味が一気に無くなっていきます。
これは保存状態によって改善されます。
なるべく密閉された容器に移し変えれば、変化を遅らせます。
酸化すると色も変わってしまうものですから、とにかく空気との接触を避けるべきです。
袋でもかまいませんが、それでも空気は出来るだけ抜いて袋を閉じ、冷蔵庫で保管しましょう。